更新情報

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    融資と諸費用

    住宅ローンの借り換えをする時に掛かってくる最終費用を考慮する時もあるかもしれません。そこで今回は総合的な費用が分かりやすい様に
    少ない金額によるローンの設定を想定して、自動車のローンを見てみる事にします。

    自動車を購入する時にローンを設定する方達もいるかもしれません。この自動車と言うのは結構高価な買い物になってきますので
    より親近感も出てくるかもしれませんね。そしてこの自動車の購入は車両本体価格のみでは無い事になります。
    この車両本体価格にプラスして数十万円以上の費用が発生する事もあります。これらの費用を諸費用と捉える事が出来ます。

    自動車購入もローン適用

    PPP_shibuyaekimaekousaten500 (1)

    それではこの自動車のローンの設定をして自動車を購入してみましょう。例えば200万円のローンの設定をすれば当然と200万円の融資をして貰う事に
    なってきます。それではこの200万円のみを返済すればそれでいいのかと言うと、そうでは無いのです。例えば分割払いでこの200万円分のみの支払で
    よければとても言い事になりますが。現実にはこの分の利息を含有した額を返済する事になってきます。そして最終的な返済額は
    200万円以上になってくるのです。

    ローン適用の主な事情

    また住宅ローンの設定の場合でもこれと同様になってきます。その中の諸費用は自動車の時は数十万円掛かってきましたが、これが住宅となるとさらに
    多くなってくるものと思います。現実的には100万円以上掛かる事もあるのです。

    またこの借入額が3000万円として、住宅ローン借り換えシミュレーションで確認してみると
    その金利が3%で35年の期間と仮定します。そうなってくると35年後に完済した時に支払う総費用が
    4850万円になってくるのです。これは利息のみでも1850万円の支払いになってきます。この様に利息だけみても住宅が購入できる様になります。
    この住宅ローンでは最終的にとても多くの費用が発生してきますのでよく注意をしておいて下さい。

    また全てをリフォーム業者に一任すると言う事では無くて、自らもどの様な施工が必要か、また
    どの様な方法が存在するのかをよく見てみようと思っているのです。
    全く知識が無い状態での説明よりかは、それ相応の知識がある中での説明の方が、
    より理解も出来るものと感じています。

    このリフォームに掛かる代金は結構高いものなので、失敗しない様にリフォーム業者の選択を
    行ってみたいと思っています。そして将来的に私の理想的な住宅に変えていきたいと思っているのです。

    この様に拝見するのみでもとても楽しくなる事もあります。
    またこの様に見ている内に、もしかしたら将来住宅を購入する事が
    ある時に参考になるかもしれないのです。
    私はこの住宅に関しての情報をもっとよく見て、不動産に対しての知識を蓄え、
    将来の準備をしてみようかなと感じているのです。